工種

施工管理は予算管理、工程管理、品質管理、安全管理がございます。下記の工種についてポイントをお知らせします。

左官工事

左官工事の施工管理



施工管理のポイント(品質管理)


左官(さかん)工とは…建物の床や壁などをコテを使用して塗り仕上げる職種。最終的な表面仕上げの塗り工事全般を指し、その後、タイルを張る、塗装をする、床材を貼るなどの工程になりますので精度が悪いと見栄えに影響します。壁や床などの用途に見合った材料(砂、セメント)の使い分けがポイントです。
施工管理としては、仕上がりを想定して施工図面を作成し、現地で仕上り位置等の墨出しを行います。その墨に合わせて職人さんがモルタル等で壁や床を仕上げていくので、適切な材料を適切な手順で施工しているのかチェックをしたり、表面の仕上がり具合の確認をしたりします。また、何層かに分けて仕上げる場合、1回ごとに養生期間を設けることも大事です。モルタルは乾くまで時間がかかります。近くで他の職人さんが作業すると誤ってモルタルの上に乗ったり触ったりする場合がありますので作業工程を分けて施工できるよう管理します。