工種

施工管理は予算管理、工程管理、品質管理、安全管理がございます。下記の工種についてポイントをお知らせします。

鉄骨架台工事

鉄骨架台工事の施工管理




施工管理のポイント(品質管理)


鉄骨工事でかかせないのは、現地での寸法取りと制作図のチェックです。図面通り配置するには位置が重要になります。
また、鋼材は簡単に穴をあけなおしたり、切断したり、継ぎ足したりできないため、現地をよく見て施工図を作成し、施工図と制作図があっているか、よく確認します。打合せを実施し図面を客先に承認頂いた後に製作に入ります。また天気の影響も考慮して工程に影響ないようスケジュールを組むことも大切です。
X軸、Y軸のポイントを管理し、階層に分けて施工管理します。

施工管理のポイント(安全管理)

高い位置で職人さんに作業して頂くため、転落・落下防止設備を用意するなど職人の働きやすい環境を整えることに注力します。
また、鋼材は1本がとても重い重量物であるため、クレーンなどで吊上げて施工する事が多いです。吊荷の重心が傾かないようバランスよくワイヤーをかけ、鋼材のずれがない様しっかりとワイヤーを絞ります。吊上げ時には万が一に備えてホイッスルなどで合図をし、吊荷の直下に人が入らないよう注意します。作業の要所でしっかりと安全を確認し、適切な手順で工事を進める事がとても大事になります。